常に寝たきりの状態

上体が初度程度しか上がっていない状態で背中をもたれて座る座り方を「半座位」(図5)といいます。初度程度の角度で上半身を起こす半座位に慣れできたら、徐々に必度、ω度と上半身を起こすように角度を増やしていきます。角度を上げる際には①初度以上起き上がらせる際に腰からおしりの皮膚が圧迫されたり、こずれたりして傷がついたり赤くなったりしていないか②顔が蒼白になって冷汗をかいたり、あくびをして口唇が紫色になるなどの表情を示していないか③からだが横のほうに倒れてこないかの3点をとくに注意して下さい。仰臥位から半座位、長座位へと徐々に上体を上げていくことを、ベッドの操作機構の呼称からとってといっています。祷癒治療の専門家の中には「ギヤジアップ初度以上は禁止」という人がいます。それは、常に寝たきり状態などでぐったりと寄りかかっている高齢者や低体力の患者さんがギヤジアップで起こされると、轡部の皮膚に大きなズレやこすれの力が加わるためです。健康なからだの皮膚であれば強くこすられでも痛いと思うだけで済みますが、長期間にわたって寝ていた人は、皮膚全体が健常者の起き上がるとからだが横に倒れる、血圧が低下するなどの場合は長座位になる前に半座位の練習をします。ただ背もたれを30度以上起こす際は腎部の皮届が引っ張られたり圧迫されていないかのチェックが必要ですo肢の下の皮膚のように薄くなっています。これを皮膚の「廃用症候」といいますが、薄くなっている皮膚が汗や尿で湿っている場合はさらに弱くなっており、この状態にこすれの力が加わりますと、裂けたり傷ついたりして祷癒を作る原因となります。角度は各人のからだの状態により異なりますので一概に決めることはできませんが、ギヤジアップ初度以上にする際は、鴎同部{}腰の皮膚をときどきのぞくなどの配慮をしながら慎重に起こすようにして下さい。一つの目安として徐々に角度アップ、起立性低血圧に注意ギヤジアップをした際に頭に行く血液が少なくなって気分が悪くなり、時には意識消失をきたすことがあります。こうした状態を起立性低血圧といいます。これは、長期間臥床をしていることにより、血管が縮んだり、聞いたりする機能を失ったために生じる症状で、廃用症候群の一つです。起立性低血圧を予防するには初度くらい起こす半座位の時間を長くする声をかけたり、楽しく話をして意識を高揚させながらギヤジアップをするなどが必要となります。